ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮城県南三陸町/自主防災組織の設置促進へ補助金

宮城県南三陸町/自主防災組織の設置促進へ補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月26日

宮城県南三陸町/自主防災組織の設置促進へ補助金

町は、大地震や津波などの大規模災害に地域住民が自ら防災活動に取り組むよう、補助金を創設し自主防災組織の設置を進めている。今年がチリ地震津波から50年目に当たることもあり、今年度内に全ての地区で組織化するよう働きかけを強めることにしている。

町では、近い将来に宮城県沖地震の発生が確実視されていることもあり、2006年度に「自主防災組織育成事業補助金」を創設、町内の行政区等単位で自主防災組織の設立や防災資機材の購入に補助金を交付している。補助内容は、①組織設立準備経費(定額2万円+500円×構成世帯数・上限5万円)②防災資機材調達経費(総額の50%補助・上限15万円)-の2種類で、いずれも1回のみ交付。今年度予算には150万円を計上した。

対象地区は62あるが、現在、自主防災組織の設立は38地区にとどまっている。このため、町では消防と協力して各地域に出向いたり区長会などの席で設立の呼びかけを強化する。