ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 大分県九重町/子宮頸がん予防ワクチン接種全額助成

大分県九重町/子宮頸がん予防ワクチン接種全額助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月28日

大分県九重町/子宮頸がん予防ワクチン接種全額助成

町は、大分県内初となる子宮頸がんワクチン接種の全額公費負担を6月議会で決定した。

子宮頸がんは、子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで、20代から30代で急増。ほとんど自覚がないため、発見が遅れがち。ほぼ100%ヒトパピローマウィルス(HPV)によることが解明されており、その多くは性交渉によって感染すると考えられている。

学校を通して、生徒や保護者に説明会等を実施しながら、町内医療機関を中心に接種するよう呼びかけていく。

対象となるのは、町内の4中学校に通う女子生徒147人。ワクチンは、3回接種が必要で、費用は約5万円、735万円を予算計上している。

町は、子宮頸がんの予防が、健康保持増進や母体保護による少子化対策に繋がるものと期待している。