ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県三宅町/「緑のカーテン」の必要経費を助成

奈良県三宅町/「緑のカーテン」の必要経費を助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月28日

奈良県三宅町/「緑のカーテン」の必要経費を助成

町は今年度から、地球温暖化対策として、建築物の壁面につる性植物の植栽を行う住民らの植物の購入費などを助成する「緑のカーテン事業」を実施する。200件の助成を見込んで当初予算に100万円を計上した。

緑のカーテンは、日当たりのいい窓の外等をゴーヤやアサガオ、ヘチマなどのつる性植物で覆うことで、①建物への日差しを遮る②葉から出る水蒸気で涼しい風を呼び込み、冷房の使用を抑制する―など地球温暖化を防止する効果が得られる。植え方や環境によっては、植えた場合と植えていない場合で約10度の室温差になる効果もあるという。町では昨年度、職員提案により庁舎や公民館などの壁面緑化を実施した。

助成は、日の当たる壁面につる性の植物を育てて新たな緑化に取り組もうとする町民が対象。種子や苗、つるを絡ませる支柱など栽培に必要な資材等の購入費の半額(上限5,000円)を助成する。町によると、6月16日現在で約80人から申請があるという。