ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 沖縄県北谷町/ウォーターフロント地区での飲酒等に過料条例

沖縄県北谷町/ウォーターフロント地区での飲酒等に過料条例

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月1日

沖縄県北谷町/ウォーターフロント地区での飲酒等に過料条例

町では、国際的ウォーターフロントとして整備される「北谷町フィッシャリーナ地区」での喫煙や飲酒などを過料による罰則をもって禁止する「北谷町フィッシャリーナ地区の快適な環境づくり条例」を制定した。

「フィッシャリーナ」とは魚・漁業や劇場を表す英語を組み合わせた造語。漁港の整備は一般には国からの補助金を活用して実施されるため土地利用は大幅に制限されるが、フィッシャリーナ事業では融資事業により実施されるため、例えば水際でのレストラン等の立地が可能となり、オーストラリア等で見られるようなウォーターフロントの形成が可能になるという。

町はそこでの快適環境を形成するため、同地区では何人も公共の場所では所定の場所を除き喫煙してはならないと規定。さらに、飲酒や空き缶等の投棄、飼い犬等のふんの放置・投棄、落書きなどを禁止。これらを是正するための措置に従わない場合に、1万円以下の過料に処せるように規定し、施行規則で過料は2,000円とすることや、過料処分事務を行う「快適な環境づくり指導員」を置くことを規定した。