ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県斑鳩町/バイオマスタウン構想案を公表

奈良県斑鳩町/バイオマスタウン構想案を公表

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年2月15日

奈良県斑鳩町/バイオマスタウン構想案を公表

町はこのほど、バイオマスタウン構想案を公表した。廃棄物のさらなる減量と、循環型社会の形成、町内から発生するバイオマスを町の活性化を図る新たな資源として利活用を進めることが狙い。

バイオマスタウン形成上の基本方針には、「~ゼロ・ウェイスト斑鳩~みんなで創り みんなで刻む 斑鳩の新しい歴史」を掲示。地域のバイオマス利活用方法としては、①堆肥化プロジェクト②廃食用油リサイクルプロジェクト③メタン発酵プロジェクト(し尿・浄化槽)―などを掲げた。

その上で、バイオマス事業推進体制として、町や県、関係組織や有識者、町民らで構成する町バイオマス利活用推進協議会(仮称)を設置すると明記。バイオマスの利活用目標として、現在46.3%の生ゴミなど「廃棄物系バイオマス」は90.7%に、同じく現在4.8%にとどまる稲わらなど「未利用バイオマス」は45.8%とする数値目標を掲げている。