ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 青森県西目屋村/東北整備局と災害時の情報交換協定

青森県西目屋村/東北整備局と災害時の情報交換協定

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年6月8日

青森県西目屋村/東北整備局と災害時の情報交換協定

村はこのほど、災害時の情報交換協定を国交省東北地方整備局と締結した。重大な災害が発生・発生の恐れがある場合の情報交換について定め、災害に適切に対処するのが狙い。協定調印式は村の中央公民館で実施。関和典村長と、整備局長代理で戸谷有一企画部長が押印した。

協定では、情報交換の開始時期は「村内に重大な災害が発生・発生の恐れがある場合」などと定め、情報交換の内容は①一般被害状況②道路や河川など公共土木施設の被害状況―等を規定した。

さらに、定めた情報交換開始時期に該当した場合などには、整備局から村の災害対策本部等に、「災害対策現地情報連絡員」(リエゾン)を派遣し情報交換を行うとしている。