ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道上ノ国町/高校生まで医療費を無料化

北海道上ノ国町/高校生まで医療費を無料化

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年2月23日

北海道上ノ国町/高校生まで医療費を無料化

町は、乳幼児等医療費給付事業の対象を高校生まで拡大することを決めた。今年8月から実施する。中学生までの医療費無料化はみられるが、高校生まで対象にしたのは全国でもめずらしいという。

現在、町では小学生の入院費について助成(北海道と町で各2分の1を負担)している。しかし、2005年度からの集中改革プランで職員給与のカットなど行政・財政・組織改革を徹底。その結果、公債費償還のピークも過ぎるなど財政健全化のメドがみえてきた。このため「町民には我慢と忍耐を強いてきたが、明るい施策も展開したい」との町長の方針の1つとして打ち出したもの。

助成対象は「18歳に達する日以降の最初の3月31日まで」の児童等の自己負担分で、保護者等の所得制限なども設けない。高校生195人を含め約940人が対象となり、町では来年度予算に1千万円程度を計上する。このほか、国の来年度予算で妊婦検診が14回に拡充されるが、産科のない町内の妊婦は函館市まで通うため、検診回数制限をはずすとともに通院費も町単独で助成対象にする。