ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 愛知県一色町/木造住宅の耐震改修に新たな補助制度

愛知県一色町/木造住宅の耐震改修に新たな補助制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年8月11日

愛知県一色町/木造住宅の耐震改修に新たな補助制度

町は、木造住宅の耐震改修の支援策として新たにより安い経費で改修できる町単独の補助制度「小規模型」「簡易型」を追加。改修率のアップを図る。

東南海・東海地震の地震防災対策強化地域に指定された町では、2003年度から民間木造住宅耐震改修補助(国の制度)を運用している。しかし、改修に数百万円かかるため対象は約5,300 棟あるが実績が少ないのが実態。このため、「あなたの生命を守る」ことを主眼に、町独自の補助制度を追加したもの。現行では耐震診断の判定値1.0 未満の旧基準木造住宅(81年5月以前に着工)を1.0 以上とする改修工事に67万5千円補助するが、「小規模型」では判定値0.6 以上とする改修工事に30万円、「簡易型」では判定値0.7 未満で「少しでも耐震性を向上」させる改修工事に15万円をそれぞれ補助する。簡易型では、長時間過ごす居間・寝室や壁を補強する改修工事、屋根を軽いスレート材に換えるなどの改修工事も対象にしているのが特徴。