ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道下川町/「環境モデル都市」に選定

北海道下川町/「環境モデル都市」に選定

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年8月11日

北海道下川町/「環境モデル都市」に選定

町は、福田康夫首相肝入りの「環境モデル都市」に町村で唯一選定された。モデル都市は今年の通常国会での施政方針演説を受け、政府の「都市と暮らしの発展プラン」に位置付けられた。

4月に募集開始し北海道から沖縄まで82件もの応募があり、①温室効果ガスの大幅な削減②先導性・モデル性―などで評価。加えて、団体規模なども考慮し町など6団体を選定した。

町は、これまでも「循環型林業経営」を基盤に、木質バイオマスボイラーの導入など先駆的・先導的な取組みを実践。今後は、地域熱供給システムなど森林バイオマスの総合的な利活用と地域住民との協働運動などを実施し、二酸化炭素の削減や快適な生活環境を結びつけた「北の森林共生低炭素モデル社会」を創造する。

政府は、モデル都市の「アクションプラン」実施に伴い、必要な予算などの支援を優先的・重点的に実施する。さらに、有識者や関係者で構成する「低炭素都市推進協議会」(仮称)を創設。モデル都市の取組みの進捗状況の評価や、追加選定の推薦などを行う。

なお、このほか「環境モデル候補都市」として追加選定の候補に、高知県梼原町など7団体も選定された。