ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 和歌山県上富田町/町の全熱量の5%を新エネルギーへ

和歌山県上富田町/町の全熱量の5%を新エネルギーへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年6月16日

和歌山県上富田町/町の全熱量の5%を新エネルギーへ

町はこのほど、「地球にやさしいまち上富田」をテーマに、2020年の町の全需要量(熱換算)の5%を目標に太陽光発電や風力発電などの新エネルギーで賄うことなどを盛り込んだ「地域新エネルギー・省エネルギービジョン」を策定した。

新エネルギーは、町の自然・社会条件を考慮して太陽光発電、太陽熱利用、風力発電、バイオマス利用など7分野を選定。これら新エネルギーの導入スケジュール(13年間)は「準備期間」「初期導入期間」「後期導入期間」に分けた。うち、準備期間ではアクションプランの策定や事業化可能調査などを行い、4年目以降から公共施設を手始めに導入を開始し、順次、町民や民間企業への導入展開を図る。具体的には、普及啓発の観点から小学校校舎や町営住宅に中規模太陽光発電を導入する予定。なお、2007年度の町のエネルギー需要量は原油換算で2万2,000キロリットル/年と算定されている。