ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道白老町/通年議会条例を施行

北海道白老町/通年議会条例を施行

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年6月16日

北海道白老町/通年議会条例を施行

町は6月1日、議会の会期を通年とするため定例会を年1回とする通年議会条例を施行した。地方分権時代に議会が主導的・機動的に活動できるようにする狙いで、議員提案で5月26日、全会一致で可決。執行部の負担増にはルールを定め、議会と長の合意で改正することにした。通年議会は全国初。

17日に招集し12月までが会期となる。来年以降は1月から12月までが会期。これにより、いつでも本会議、委員会が開け、議案受理も可能。議員活動が通年、公務災害の対象になる。

しかし当面は、執行部の負担を考慮し定例的な本会議は年4回とする。これを要綱に定め、改正は議会と長の合意で行うことにした。

町は07年から定例会は年4回とする旧条例下で通年的議会を試行。北海道福島町議会も来年の実施へ試行中だ。