ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道大樹町/宇宙の町で大気球観測実験

北海道大樹町/宇宙の町で大気球観測実験

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年5月26日

北海道大樹町/宇宙の町で大気球観測実験

町では、「宇宙のまちづくり」を進めているが、今年度から宇宙航空研究開発機構による大気球観測実験が町で行われることから、5月26日に連係協力協定を締結する。併せて、一般向けの記念講演も行う。

1980年代に日本でもスペースシャトル構想が持ち上がった際、平坦で広大な面積をもつ町が発着陸候補にあがった。これを機会に、町では92年に「多目的航空公園」の建設に着手し、98年には1,000メートル滑走路も整備。これらを活用して地上20キロの成層圏に滞空して地球観測・監視などを行う成層圏プラットフォーム実験など各種飛行実験が行われてきた。さらに、今年度から大気球観測実験が行われるため、新たに連携協力協定を締結することになったもの。併せて、宇宙機構による子ども向け教室や講演会なども行う。各種実験のため関係者が毎年数千人滞在するなど経済効果もあるが、町では「宇宙のまちづくり」の一層のイメージアップを期待している。