ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 鹿児島県大崎町/リサイクル率日本一を記念してコンテスト開催

鹿児島県大崎町/リサイクル率日本一を記念してコンテスト開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日

鹿児島県大崎町/リサイクル率日本一を記念してコンテスト開催

大崎町は、環境省が2016年度に実施した一般廃棄物処理事業実態調査において、人口10万人未満の自治体で10年連続リサイクル率全国1位を達成した。これを記念して、町の地域おこし協力隊の企画のもと町衛生自治会が「家族で考える大崎町リサイクルコンテスト」を開催すると発表した。

コンテストは、町内在住の小中学生を対象とするもので、町のリサイクルに関する活動をテーマとした作文、標語、ポスターの3部門を募集。リサイクルについて児童及び生徒が家族と一緒に考えることを目的としている。各部門とも最優秀者には賞状や盾のほか、ふるさと納税の返礼品も贈られる。なお、表彰は10月1日に開催される記念大会にて実施する。

町では1998年より、埋立処分場の延命化を目的として、町民、企業、行政の協働のもとゴミ分別を開始。昨年末時点で、当時と比べて約84%の埋立ごみが削減されている。

町は、今回のコンテストを機にリサイクルについて家族で話し合うことで、環境に対する高い意識を次世代へ繋ぐきっかけになればとしている。