ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入

熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月28日

熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入

南阿蘇村は、昨年4月の熊本地震の被災で稲作ができなくなった農家の支援として、ソバの収穫22.5㎏につき1,500円を補助する制度を創設した。

被災後の村では、水田約2,100haのうち、約1割が作付けを見送らざるを得ない状況にある。稲作農家に対し、水が張れなくなった水田でも育てられるソバへの転作を促しており、第三セクター「くぎの」が村産のソバを22.5㎏につき、4,500円で買い取っている。今回さらに1,500円を村が上乗せして支給し、転作や増産を促したい考え。

村は、被災した水田だけでなく、耕作放棄地でも作りやすいソバの増産を図り、村産ソバのブランド化を目指すとともに、そば打ち体験などの企画によって観光客誘致に結び付けられたらと、村内農家へ同補助制度の周知を図っていきたいとしている。