ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道清里町/情報セキュリティ強化に新システム導入

北海道清里町/情報セキュリティ強化に新システム導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月30日

北海道清里町/情報セキュリティ強化に新システム導入

清里町は、庁内における情報セキュリティ対策を強化する狙いで、庁内のパソコン操作の際、「指静脈認証」と「パスワード」を組み合わせた二要素認証システムを新たに導入する。稼働は、この3月から予定している。

「指静脈認証」とは、日立製作所が開発した生体認証技術のひとつで、近赤外線を指に透過させて得られる静脈パターンの画像を利用するシステム。あらかじめ登録した静脈構造パターンとの照合で個人を認証する。指静脈は、手のひらや顔よりも複雑で認証の精度が高いため、偽造や成りすまし防止に効果を発揮する。さらに、比較的小型な装置を設置するだけで利用できることから、デスク上での占有面積が小さいこともメリットとなり、今回の採用に踏み切ったという。

同システムの導入は、マイナンバー等を扱う住民基本台帳関連業務や税・社会保障関連業務で使用するパソコンだけでなく、事務系業務用のパソコンも対象となる。町は、庁内のセキュリティ強化とともに、職員のセキュリティに対する意識向上も期待している。