ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県御杖村/防災情報発信にケーブルテレビ網を利用

奈良県御杖村/防災情報発信にケーブルテレビ網を利用

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日

奈良県御杖村/防災情報発信にケーブルテレビ網を利用

御杖村は、村内への防災情報発信に、ケーブルテレビ網を利用する新しいシステムの運用を始めた。これまでの行政防災無線では電波状況が悪いために届きにくかった地域にも、 情報を伝えやすくなるとともに、数百万円のコスト削減が見込める。なお、ケーブル網を利用した同様のシステム運用は、全国でも初の試みという。

同村内では、ほとんどの世帯がケーブルテレビに加入しているため、新システム運用にあたって、ケーブル網整備におけるインフラ投資は不要。また、これまでの防災無線の場合、 基地局の整備及び停電時に備えた非常用のバッテリーの配備及びそのメンテナンスに費用が必要だったが、ケーブル網の利用となると、それらの経費も不要になる。

新しいシステムは、自動的にテレビ画面を通じて緊急の避難情報を伝えることができるというもので、ケーブルテレビに加入していれば、各家庭のテレビに専用の小型端末を接続するだけで利用できる。 さらに、1日2回の定時連絡で、地域での寄り合いや小中学校の休校などの情報も受け取ることができる。なお、同端末は、記録性にも優れているため、万が一聞き漏らした際には、 録音機能を使って聞き直しも可能。

村は、屋内での情報提供となる新システムが、台風や大雨の際でも音がかき消されず、確実に各世帯へ情報を届けられるとして、防災対策の強化につながればと期待している。