ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 千葉県栄町/次世代の担い手育成に少年消防団結成

千葉県栄町/次世代の担い手育成に少年消防団結成

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日

千葉県栄町/次世代の担い手育成に少年消防団結成

栄町は、将来の地域防災の担い手を育成することを目的として、少年消防団を結成するために団員募集を始める。

対象は、小学校4~5年生。募集定員は20人程度を予定している。主な活動内容としては、消火器など学校に常備している消防設備の扱い方の習得、救急講習の受講、火災予防広報への協力、 防災訓練や出初め式などといった町の消防団主催の行事への参加や防災センターなどの防災関係施設の視察研修など。学校の授業や行事に影響しないよう、 活動日は年間8日間程度に抑えられるようスケジュールを組んでいる。

町の消防団の団員数は、過去10年以上定数を割っている。加えて、高齢化も進み、消防団員の確保や次世代の担い手の育成などが課題となっていた。そこでこの度、 小学生の時から消防団の活動内容や意義を理解すると同時に、防火意識を高める方法として、少年消防団の結成に踏み切ったもの。

今後、同活動を長く継続できるように、来年度からの本格的な活動開始に向けて、準備を進めている。