ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道中頓別町/ライドシェアの実証実験実施

北海道中頓別町/ライドシェアの実証実験実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日

北海道中頓別町/ライドシェアの実証実験実施

中頓別町では、スマートフォンなどで配車依頼を受けたボランティア町民ドライバーが、自家用車を使用して利用者を運ぶ「なかとんべつライドシェア」の実証実験を8月24日から実施している。 年度内は実証実験をする予定で、次年度以降も継続したい考え。事業費として、国の地方創生加速化交付金の一部を充当する。

同実験は、6月に町と協定を結んだ「Uber(ウーバー)」日本法人(東京都渋谷区)の配車サービスを利用するもので、乗車は無料。ドライバーはボランティアとして募集したため、無償で運行する。 運行時間は毎日午前8時から午前0時まで。スマートフォンやタブレット端末の専用アプリで配車を依頼するが、これらの端末を所有していない利用希望者は、 役場内に開設した「ライドシェア配車受付専用ダイヤル」に電話をすれば町職員がアプリ起動及び配車依頼を代行する。なお、専用ダイヤルは、月曜~金曜までの午前9時から午後5時まで利用可能。

現在、町内にはバスが1路線、タクシーは一般タクシーと介護タクシー各1台の計2台のみ。高齢化及び過疎化が進む中、住民の足となる交通手段を確保し、 町を訪れる観光客らの利便性向上につながればと期待している。