ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 高知県四万十町/屋外放送をケーブルテレビでも聴取可能に

高知県四万十町/屋外放送をケーブルテレビでも聴取可能に

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月15日

高知県四万十町/屋外放送をケーブルテレビでも聴取可能に

町は、避難勧告などを知らせるための屋外放送をケーブルテレビの「河川監視チャンネル」でも聞けるように整備した。台風や大雨などで窓を閉め切っていて屋外スピーカーの音が聞こえない時も、 家庭内で放送を正確に聞き取れるようにと始めたという。

2008年から町内に設置を始めた屋外スピーカーは、現在約350基。区長や学校が、清掃活動やイベントの実施などの告知に使用するとともに、有事の際に、 注意喚起や避難指示・避難勧告などの放送にも使っている。

しかし、「屋外放送の開始のチャイムは聞えるが、音声は聞き取りにくい」との町民の声が多く寄せられることから、ケーブルテレビでの音声放送を開始した。 町内でケーブルテレビに加入しているのは7344世帯(2015年12月1日現在)で、事実上9割ほどの家庭で屋外放送の音声を家庭のテレビで聞くことができるとしている。

これまで、家屋密集地から離れた場所にある家や屋外放送が聞こえにくい世帯などに対し、個別受信機を設置してきた。しかし、この受信機設置には1台当たり約5万円のコストがかかる。 町は、費用が発生しないケーブルテレビでの音声放送と併用することで、経費節減にも役立つとともに、町発信の各種情報が町内隅々まで行きわたるとして、その有用性を評価している。