ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮城県利府町/役場職員向けに救命救急講習会開催

宮城県利府町/役場職員向けに救命救急講習会開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月12日

宮城県利府町/役場職員向けに救命救急講習会開催

町は、大災害への対応や安全安心な暮らしを維持することを目的として、町の全職員を対象に、救命救急講習会を開催した。4日間で8回行い、1回20~30人程度が受講した。

講習会は、利府消防署の救命救急士を講師に迎えて開催した。応急手当の基礎知識や手順などを学んだ後、心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生術について、人形を使って実践。 自動体外式除細動器(AED)の取り扱い方や止血方法なども習った。

町では、2004年にも1度同様の講習会を行ったが、その後新規職員の増加やAED機器の技術的進歩、また、2011年の東日本大震災の経験なども踏まえ、再度実施することにしたという。 受講者は、育児休業者や資格取得から2年以内の職員を除く、全正規職員を対象とした。

町は、予測不能の事故や災害に備えて、町職員が積極的に応急手当てなどを行うことができるようになるべきと、今回の講習会開催に踏み切ったという。