ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 鹿児島県長島町/売電収益の一部を集落の補助金に

鹿児島県長島町/売電収益の一部を集落の補助金に

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月3日

鹿児島県長島町/売電収益の一部を集落の補助金に

町は、今秋に完成予定の町営の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の売電収益の一部を補助金として集落に交付する事業を開始すると発表した。

同施設は、「長島夢追い元気発電所」と名付けられ、工事の総事業費は約7億1300万円で、全額町が負担。2014年にプロポーザル方式で業者を募集・決定し、 ソーラーパネル8260枚を町有地約3万㎡に設置する工事に着手した。今秋10月末に完成を予定していて、売電は11月から始める計画。

町は、年間約8000万円の売電収入を見込んでいて、その一部を町内の57集落に対して、地域活性化対策の補助金として、独自に交付するとしており、準備を進めている。

町では、すでに風力発電機が計28基設置されており、再生可能エネルギーに対して、これまでも積極的に取り組んできたという。町は、今回のメガソーラー設置で、町内各集落の活性化と共に、 再生可能エネルギーの普及啓発をさらに推進したい考え。