ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 岐阜県北方町/住民主導の防災訓練とワークショップ開催

岐阜県北方町/住民主導の防災訓練とワークショップ開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月17日

岐阜県北方町/住民主導の防災訓練とワークショップ開催

町は、2014年10月19日、町内の自治会役員などが実施内容を練った防災訓練を初めて行った。町の指示で動くのではなく、災害時に必要な措置を自ら考える、住民主導の自主防災訓練となる。 町内5地区が持ち回りで実施する訓練で、2014年度は2地区が参加する。

この訓練に先立って、3回に分けて、各自治会でどんな自主訓練を実施すべきかを検討するワークショップを開催した。土木工学や防災計画が専門の岐阜大学・高木朗義教授の助言を受けながら、 話し合いを進め、ワークショップで検討をした結果、「地区にいる要支援者の把握」「模型を使って家具の壁への固定方法を学ぶゲーム」「缶切りを使わずに缶を開けたり、 新聞紙で食器を作ったりする体験学習」などが実施された。

あわせて、例年通りの応急救護や初期消火、AED(自動体外式除細動器)

町は、今後も自主防災訓練を行い、自助、共助の観点から町民が訓練に携わることで、地域の防災力が向上することを期待している。