ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道美瑛町/読書履歴が記録される読書通帳を導入

北海道美瑛町/読書履歴が記録される読書通帳を導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月6日

北海道美瑛町/読書履歴が記録される読書通帳を導入

町は、図書館で借りた本の題名と貸出日が記録される「読書通帳」サービスを2014年8月16日から始めた。公立の図書館としては、全国でも9例目、道内では初の試みとなる。

「読書通帳」は、銀行の通帳とほぼ同サイズで、1冊に216件まで記録可能。交付には300円必要だが、高校生以下は無料だという。図書館のコンピューターに登録されると、 貸出窓口で手続きをするたびに情報が蓄積され、専用の機械を使って「読書通帳」に読書履歴を印字できる。

同図書館は、2012年にリニューアルし、年間貸出数は10万冊に増加した。しかし、本離れが進んでいると言われる若年層の利用は減少。町は、「読書通帳」サービス導入をきっかけに、 図書館の来館者数の増加や町民の読書意欲の向上につながることを期待している。