ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道浦幌町/閉鎖後の町有施設の有効活用策に公募開始

北海道浦幌町/閉鎖後の町有施設の有効活用策に公募開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月9日

北海道浦幌町/閉鎖後の町有施設の有効活用策に公募開始

町は、現在稼働していない町有の施設について、建物を管理運営する事業者を募集すると発表した。施設の有効活用に対する企画を提案する、プロポーザル方式で公募を実施。 2014年6月16日まで受け付ける。

対象となっている施設は、2005年に休館したコミュニティ施設と同年閉校した小学校、及び2010年に閉園した幼稚園の計3施設。各施設は、閉鎖後の活用策について検討していたが、 得策が見つからず、公募に踏み切ったという。

今回の公募では、施設を現状のまま事業者に引き渡し、運営上必要な改修費用などを自己負担してもらう代わりに、貸付料不要という無償での契約が可能。さらに、提案の内容によっては、 町企業誘致促進条例などに基づく助成が適用される可能性もある。ただし、引き渡し後2年以内に事業開始が条件で、2014年9月以降に賃貸借契約を結び、10年間貸し付けることになっている。