ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道浦河町/ドラレコで高齢ドライバーに運転技能診断

北海道浦河町/ドラレコで高齢ドライバーに運転技能診断

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月18日

浦河町は、今年度から高齢ドライバー向けに、ドライブレコーダー(以下、ドラレコ)を活用した運転技能診断及び指導を始める。運転中の様子をドラレコで記録し、運転技能を診断するとともに、診断結果を基に適切な指導・助言を行うというもの。

対象者は、65歳以上の高齢ドライバーで、自家用車を所有していることが条件。ドラレコを貸与し、日常的な運転中の様子を約2~3週間分記録したうえで、町が回収し、浦河警察署の交通担当が映像を分析・診断を行う。その後、個別に面談し、診断結果から運転技能の改善点等について指導・助言する。

また、診断・指導等を受けた後にドラレコを購入する場合には、5千円を上限に購入費の半額を補助するという。

町は、高齢ドライバーの事故の大多数を認知機能や判断力の低下が原因とみており、同事業により、高齢ドライバーが客観的な視点で自身の運転技能を認識し、安全運転を心がけてもらうとともに、高齢ドライバーによる交通事故減少につながればとしている。