ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 岡山県鏡野町/放置森林解消推進に管理拠点開設

岡山県鏡野町/放置森林解消推進に管理拠点開設

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月11日

鏡野町は、何らかの理由で手入れが行き届かなくなった放置森林の解消を促進するため、森林管理専門の拠点「鏡野町森林づくりセンター」を新しく開設した。今年度から開始された森林経営管理の新制度に基づき、地元の森林組合と共同で運営していく。近隣の自治体での同様の拠点設置は、恐らく初めてという。

センターには、町職員のほか、森林組合職員、林業に関する知識及び経験のある地域林政アドバイザーが勤務する。業務内容は、森林経営管理制度に関する業務、町が独自に実施している林業振興の補助金事務、人材育成、伐採・間伐の届出等となっており、林業に関するあらゆる相談等にワンストップで応じるための体制を整備した。新制度で市町村に委ねられている経営意欲のなくなった森林の管理についても、取り組んでいくことになる。

町は、同センターの設置により、経済的な問題や後継者不足等の理由で放置状態にある森林の所有者に、再び意欲的に森林づくりに取り組んでもらえるような施策を考えていきたいとしている。