ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道芽室町/幼児教育における副食費全額負担

北海道芽室町/幼児教育における副食費全額負担

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月28日

芽室町は、今年10月から実施された国の幼児教育・保育無償化に伴って、町独自で副食費も全額負担すると発表した。子育て世代の保護者に対し、経済的負担を軽減する。

副食費とは、幼稚園や保育園で出るおかずやおやつ代のこと。この費用において、幼稚園や保育所に通う3~5歳児がいる全世帯を対象に、全額負担するというもの。町はこれまでも、世帯所得や年齢等不問の基準を独自に設け、第2子以降の保育料を半額負担、第3子以降は全額負担してきた。「人づくり革命」の一環として国が実施する幼児教育無償化の実施にあわせて、町は教育費補助を拡充するべく、今回の取組実施を決めた。

町は、幼児教育・保育の現場での食育の機会確保とともに、子育て世帯の移住・定住促進のきっかけになればとしている。