ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 山口県周防大島町/多機能的に活用できるトレーラーハウス導入

山口県周防大島町/多機能的に活用できるトレーラーハウス導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月9日

周防大島町は、少人数から利用できる簡易宿泊施設としてトレーラーハウス3台を町内のスポーツ施設「グリーンステイながうら」に導入した。購入費や設置工事費等の事業費用は2,480万円。

トレーラーハウスは、幅2.4m、長さ9m、ロフト付きで定員6人。1階部分にベッド2台、ソファベッド2台、ロフト部分に2人分の就寝スペースがある。トイレ、冷蔵庫、テレビ、エアコンも備える。給排水管や電力ケーブルは取り外しも可能。災害時にはけん引して運搬できるため、被災地から要請があれば派遣を調整し、復興対応に当たる職員の現地事務所に使う。

町は、平常時は町内で活用するが、災害時には機動力を活かして、被災地からの要請でも応じたいとしている。