ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県平群町/ごみ減量対策に可燃ごみ処理有料化

奈良県平群町/ごみ減量対策に可燃ごみ処理有料化

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月22日

奈良県平群町/ごみ減量対策に可燃ごみ処理有料化

町は、2013年10月から、町が収集する各家庭からの可燃ごみの処理を有料化すると発表した。町民1人1日当たりの家庭ごみ排出量が奈良県平均を上回っていることから、町が対策に乗り出したもの。 2016年度までに、2011年度比20%減、2022年度までに同35%減を目標としている。

町指定のごみ袋を有料で販売することで、ごみ処理の有料化とするしくみで、目立つように薄い黄色のごみ袋を採用した。半透明の袋にすることで、プラスチックなどの混在がわかりやすく、 また町民のプライバシーへも配慮した。サイズは、20リットル、30リットル、45リットルの3種類。取扱販売店として町で指定したスーパーマーケットや小売店で、各セット200円、300円、 450円で販売する。なお、おむつが必要な乳幼児や要介護者らがいる世帯には、一部無料配布する予定。2013年9月ごろには、各サイズ5枚ずつを全戸に無料配布を計画。有料化への理解を深めてもらい、 また、実際に使ってもらうことで、各家庭でどのサイズの袋を購入するのがよいかを判断するのに役立てて欲しいと考えている。

町は、指定ごみ袋の販売により、ごみの減量化につながることを期待している。