ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県三郷町/中学校に消防団屯所を併設する新たな取組み

奈良県三郷町/中学校に消防団屯所を併設する新たな取組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月29日

三郷町では、平成31年3月に新たに建て替えた中学校に消防団屯所を併設した。中学校は防災上の重要な避難施設であり、そこに、災害時に中心的な役割を果たす消防団屯所を併設することで、住民にとって大きな安心となっている。

消防団は消火活動だけでなく、幅広い分野で活躍しており、地域にとってなくてはならない存在であるが、現在はなり手も少なく、団員の確保が大きな課題となっている。そのような中、中学生が消防団の活動や訓練を日頃から目にすることで、消防団を身近に感じ、地域に貢献したいと思う心が育まれていく。また、消防団にとっては、生徒達に注目されているという緊張感が、団員の規範意識の向上に繋がっている。

中学校と消防団屯所を併設することは、老朽化したそれぞれの施設を効率的に整備するというハード面の効果だけでなく、安心・安全でレジリエンスなまちづくりにつながる新たな取組みとして、大きな効果があるものと考えている。