ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 茨城県境町/職員採用試験にSPI3導入

茨城県境町/職員採用試験にSPI3導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月24日

境町は、2019年度実施の職員採用試験において、教養試験を廃止し、(株)リクルートキャリアが開発・提供する適性検査「SPI3」を導入する。

「SPI3」は、性格検査と能力検査からなる就職採用試験で、近年多くの企業等が導入しているといわれる。来年4月の採用となる今年度実施の職員採用試験は、1次試験で「SPI3」と論文を実施後、合格者は2次試験の面接を受けることになる。内定は8月をめどに出す予定。「SPI3」の導入で、個人の基本的な資質が測定できるため、幅広い人材の採用に期待が寄せられる。また、これまで1次試験は町役場のみで実施してきたが、都心部の学生が受験しやすいようにとの配慮から、今年度より明治大学駿河台キャンパスを東京会場として追加する。募集の間口を広げることにより、より多くの優秀な人材確保につなげたい考え。