ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道当麻町/インターネットを活用して冬の遊び場のアイデア募集

北海道当麻町/インターネットを活用して冬の遊び場のアイデア募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月15日

北海道当麻町/インターネットを活用して冬の遊び場のアイデア募集

町は、冬の間、子どもたちが安心して遊べる屋外のレジャー施設について、動画共有サイト「ユーチューブ」などでアイデアを募集している。

雪に閉ざされてしまう冬期に限定した遊び場が欲しいとの要望が相次いだことが発端。町内外広くからアイデアを募集することで、子どもたちが楽しめるレジャー施設の 実現を目指している。完成目標は、約1年後の2014年1月。

2013年2月にユーチューブでの動画配信を始めた当初、約1週間でアクセス数が600近くあり、反響は大きかったという。4月上旬まで7本の動画を配信。動画では、 町の若手職員が実際に雪深い町に出たり、町に隣接する旭川市に出向いたりして、アイデアのヒントになりそうな場所をレポート。ユーチューブやインターネット交流サイトの フェイスブックなどで意見や感想の投稿を呼びかけている。

町はかねてから、地域の情報発信に力を入れており、町内のイベントや話題をユーチューブやフェイスブックで配信したり、ビデオニュースを旭川ケーブルテレビの番組で 放送したりしている。今回、「ゼロ予算スノーパーク」と名付けた雪国ならではの子どもたちの冬の遊び場設置への協力やアイデア募集を発信することで、子育て世代や 青年層によるまちづくりへの参加が活発になることも期待している。