ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福岡県新宮町/廃油せっけん作りをバックアップ

福岡県新宮町/廃油せっけん作りをバックアップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月18日

福岡県新宮町/廃油せっけん作りをバックアップ

町は、生活排水汚染防止策の一環として、廃油せっけん作りを支援している。天ぷらなどに使った油を下水道や河川などに直接流すと水質汚濁につながることから、 廃油の活用を町民に提唱している。

支援するにあたって、第一段階として、賛同を得た家庭の主婦らに5人以上のグループで、町の環境課に登録してもらう。廃油せっけん作りに必要なカセイソーダの 取り扱いなどについて説明した上で、グループ内で必要な分だけ無料支給する。また、ステンレス製の容器など、必要な道具も無料で貸し出している。製造方法の 問い合わせにも対応している。

廃油せっけんは、廃油3リットル、カセイソーダ450グラムのほか、水や容器、紙パック、ゴム手袋などを用意して作る。出来上がったせっけんは、体などを洗うには 不向きだが、食器洗いや洗濯せっけんとして使用できるという。

2012年12月末日現在の登録数は6グループ。ごみの減量にもつながるとして、今後も支援を継続し、支援制度をより町民に周知させていく考え。