ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県益城町/被災者支援にセンターを新設

熊本県益城町/被災者支援にセンターを新設

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月11日

益城町と町社会福祉協議会は、2016年4月の熊本地震で被災した町民の住まい再建が本格化する時期に合わせ、県の復興基金を活用し、被災者の再建をボランティア面で支援する「復興関連ボランティアセンター」を新設する。被災者のニーズに応じて、主に町内で活動するボランティア団体等をマッチングする。

昨年12月末現在、仮設住宅等で仮住まいを強いられていた被災者は4,009人(1,673世帯)にのぼり、今後は恒久的な住まいへの転居に伴う相談等が増加する見込み。

町社協は今後、被災者に寄り添った支援を行うとともに、町内で活動する民間ボランティア団体の減少に備え、同センターを拠点とした町民主体のボランティア活動を促進し、ひいては町民同士が支え合う地域福祉を推進していきたいとしている。