ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道新十津川町/地元小学生に議会で主権者教育

北海道新十津川町/地元小学生に議会で主権者教育

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月25日

新十津川町は、昨年12月の町議会本会議に、町立新十津川小学校の6年生59人を招待。会議以外にも、役場見学なども行い、行政と議会運営の仕組みについて学んでもらった。

2016年に施行された選挙権年齢引き下げに伴って、議会の役割を知ってもらう「主権者教育」の一環として、同校の教諭から社会科見学の要請があり、役場訪問及び議会見学が実施された。招待した児童らは、議会を傍聴した後、役場を見学し、会議室で役場の業務についての説明を受けた。終始メモを取ったり、熱心に耳を傾けたりした児童らは、議会の難しい内容に困惑したものの、緊迫した雰囲気を味わうことができ勉強になったとの感想を述べた。

町は、子どもたちが早い段階で行政の仕事や町の仕組みを知る機会をつくることで、町政に興味を持ってもらえればとしている。