ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 群馬県高山村/被災者に宅地の無償譲渡

群馬県高山村/被災者に宅地の無償譲渡

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月21日

群馬県高山村/被災者に宅地の無償譲渡

村は、東日本大震災及び東京電力福島第1原子力発電所事故の被災者に、村が造成した宅地を無償で譲渡すると発表した。もともと、若年層の定住促進と 少子化対策のために村内に造成した住宅団地3カ所の計11区画を分譲したもので、その中の7区画が対象となる。

応募資格は、小学生以下の子どもを扶養していることと永住を希望していることで、罹災証明書か被災証明書の提出も求めている。1区画の大きさは100~120坪 (330.6~396.7平方メートル)程度。電気と電話は直近の電柱まで配線済みで、上水道の配管も完了している。申込期間は、2013年1月31日まで。募集期間終了後、 村の職員で構成する選定委員会が応募者を審査し、必要に応じて面談して最終決定する。引渡しは3~4月を予定している。

村では、東日本大震災後、約20世帯の被災者を村営の国民宿舎に受け入れており、衣類や食料の支援も行ってきた。現在2世帯が村内で暮らしており、 さらに定住者が増えることを期待している。