ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道占冠村/企業、学校と連携協定締結

北海道占冠村/企業、学校と連携協定締結

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日

北海道占冠村/企業、学校と連携協定締結

村は、2012年9月21日、環境保全、観光振興、地域活性化を目的として、北海道大学大学院環境科学院、滞在型リゾート施設「星野リゾート・トマム」と連携協定を結んだ。

以前から占冠では、北大大学院環境科学院と星野リゾート・トマムの共催で、雲海の種類や雲について学ぶ「雲の学校」などが展開されてきた。他にも、 雪や寒さを地元の小学生に教える「雪の学校」や地元の農作物を販売する「雲のしたマルシェ」など、村と2団体の関わりは深かった。今後は協力態勢にとどまらず、 三者一体となって取り組み、占冠村の魅力の再発見に努め、地元だけでなく、全国に発信していく。

それぞれが得意分野、専門分野を生かしながら、「村及びトマムが自然環境の研究や院生の教育の場を大学院に提供」「大学院が研究の成果や教育の機会を村とトマムに提供」 「トマムが雇用や経済活性化の場を村に提供」といった相互関係を高めていくことになる。

連携協定締結記念の一環として、10月18日に環境科学院生による小学校の「川の学校」の振り返り授業が行われた。今後も三者連携による多くのツアーやレクチャーを実施していく考え。