ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 兵庫県佐用町/大水害の記録DVDを作製、販売

兵庫県佐用町/大水害の記録DVDを作製、販売

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月8日

兵庫県佐用町/大水害の記録DVDを作製、販売

町は、2009年8月に発生した台風9号による大水害の状況を記録したDVDを作製し、販売を始めた。災害の記憶を風化させず、後世に語り継ぐことで、 今後の減災にもつなげていくことを目的としている。危機管理の観点から、地域防災対策として研修用にと自治体が購入するケースも増えているという。

DVDの収録時間は25分間。災害発生時の映像や実際に被災した町民の話などを記録している。災害を乗り越え、時間の経過とともに、子どもたちのために、 未来のまちづくりをしたい、という気持ちが強まってきた被災者の姿や活動などが映像化されている。

製作は、町内で活動するNPO法人で、15人の町民ボランティアが取材、編集などの作業をこなし、完成には1年を要した。完成後、町内のケーブルテレビで 放映されたほか、希望者には1枚1500円で販売中。町内だけでなく、兵庫県内の企業や他県の公共機関などから、購入したいとの問い合わせが寄せられているという。