ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県広陵町/資源物持ち去りに罰金の条例制定

奈良県広陵町/資源物持ち去りに罰金の条例制定

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日

奈良県広陵町/資源物持ち去りに罰金の条例制定

町は、資源物の持ち去りを防止するための改正条例を制定した。施行は2012年10月1日から。町民が出した資源物の持ち去りは、2年ほど前から頻繁になってきており、 パトロールを実施し、警告するなどしているが、あまり減少しないため、条例の制定に踏み切ったという。

廃棄物の処理と再利用に関する条例の一部改正は、6月の議会で決定した。条例では、町が指定する業者と住民団体から回収を受託した業者を除いて、資源物の収集、 運搬を禁止している。違反者には町長が「収集・運搬禁止命令書」を発行し、それでもやめない場合は、5万円以下の罰金を科す。

対象の資源物は、ガラス瓶、ペットボトル、空き缶、古紙、大型金属物。町が個別収集を行っている新聞紙などの古紙や自転車などの金属類は特に被害が多いため、 収集に出した資源物とわかるよう明示することも条例に盛り込んでいる。町は、条例制定が、持ち去り撲滅につながる抑止力となることを期待している。