ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮城県色麻町/防災対策で自治体初のWiMAX免許取得

宮城県色麻町/防災対策で自治体初のWiMAX免許取得

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日

宮城県色麻町/防災対策で自治体初のWiMAX免許取得

町では、2014年度までに、町から住民に対し災害関連情報を確実に届けることができるシステムを構築するため、自治体初の地域WiMAX(ワイマックス)の 免許を取得した。これにより、全国瞬時警報システム(Jアラート)をはじめ、国や宮城県からの多様な情報を一元的に管理し、住民や公共施設に一括配信を行うことができる。

地域WiMAXは、無線による高速大容量のデータ通信機能を活用し、万が一他の通信手段が途絶えても町独自に運用が可能となるシステム。

2012年度は、町内6カ所に基地局を設置し、色麻町防災ポータルサイトやアンドロイドアプリケーションを構築する。また、携帯電話(docomo、au、softbank) に 緊急メール等を一括配信できる仕組みを確立する予定。さらに、災害時の避難所や救護施設等に、タブレット型端末や、音声、文字、画像により通信できるIP端末を 配置することになっている。他にも、Wi-Fi機能を活用し、市販のスマートフォンやタブレット端末を町のシステムに登録すれば、町民が町からの情報を 確実に受け取れる仕組みも併せて整えていく。

2013、2014年度には、各世帯にIP端末を配布し、防災関連情報の確実な伝達を目指し、センター設備に障害が生じても瞬時に対応できるバックアップシステム等、 関連するシステムを順次拡充していく予定。