ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道当麻町/子育て支援の新たな拠点がオープン

北海道当麻町/子育て支援の新たな拠点がオープン

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年5月21日

北海道当麻町/子育て支援の新たな拠点がオープン

町は、子育て支援サービスの拠点となる「当麻町子育て総合センター」をオープンさせた。4月2日の開所式では、菊川健一町長や幼児らによるテープカットが行われ、明るく木のぬくもりあふれる新しい施設のオープンを祝った。菊川町長は、「町の財産である子どもたちがこの施設で、より健やかに元気に育ってくれることを願います」と述べた。

「子育て支援センター」と「母子通園センター」があった町役場裏の施設の老朽化に伴い、2011年8月から建設を進めていた「子育て総合センター」は、木造平屋で、延べ床面積は約700平方メートルの広さ。「子育て支援センター」と「母子通園センター」の機能を引き継ぐほか、集団・個別指導室、遊戯室や保育室、子育てサロンなどを設置。隣接する当麻幼稚園とは渡り廊下でつながっており、希望する保護者を対象に幼稚園終了時間後、または休業日に預かり保育もスタート。利用者の利便性を高めるべく、子育て支援の機能を集約し、近隣の学童保育施設や図書館とあわせて、子育て拠点エリアが形成されたことになる。

同施設は、料金の安い深夜電力を利用した蓄熱による暖房システムを採用するなど環境にも配慮しており、建材の98%には、町内産のカラマツやトドマツなどを使用。町が掲げる「地材地消」を推進することで、北海道の森林整備加速化・林業再生事業補助金約9千万円が充当された。総事業費は約2億2400万円。