ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県五木村/CoCo壱番屋と共同で獣害対策

熊本県五木村/CoCo壱番屋と共同で獣害対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年1月16日

熊本県五木村/CoCo壱番屋と共同で獣害対策

村は、村等が出資する第三セクター「株式会社子守唄の里五木」とカレーハウスCoCo壱番屋との連携で、シカ肉を使ったメニューを開発した。「もみじコロッケカレー」と命名し、11月2日から平成24年1月31日まで、1日限定20食を、熊本県内、13店舗のカレーハウスCoCo壱番屋で販売している。

「もみじ」とはシカ肉の別名。これをコロッケに入れ「もみじコロッケ」とした。衣がサクサクとしたジャガイモコロッケとカレーのコンビネーションは好評で、村民からもおいしいという声が寄せられており、定番メニューとしての販売や、販売期間の延長も検討されている。

村ではシカやイノシシ等の野生獣に悩まされており、平成22年度には約2,000万円の農作物被害を受けている。年間、約1,700頭のシカを駆除しており、駆除したシカ肉を有効利用しようと、これまでもハンバーグ、缶詰等の加工食品を開発してきた。限定メニューを作りたいカレーハウスCoCo壱番屋と、お互いの方向性が合致し、今回の取り組みが実現した。低脂肪、高タンパクで鉄分が多く含まれていることから、健康食品としてもPRしていきたいという。