ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 大阪府豊能町/自然体験を通じて里山の大切さを知る

大阪府豊能町/自然体験を通じて里山の大切さを知る

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月26日

大阪府豊能町/自然体験を通じて里山の大切さを知る

町は、自然体験ができるイベント「第6回森と遊ぼう!」の参加者を募集している。町内の山を整備・掃除し、里山を守ることが目的。参加者は里山を整備・掃除することで、里山の機能を知り、森の役割や自然の大切さを考えるきっかけを持つことができる。午前中は、のこぎりで細い枝を切る等の作業。その後、町内で収穫した食材を使ったお昼ご飯を、参加者全員で食べる。午後は、午前中に切った小枝やツルを利用した木工細工・竹細工に挑戦し、リースやどんぐり人形等を作ることができる。

開催は11月26日の予定。参加資格があるのは町内の小学生とその保護者で、定員は50名(小学2年生以下は必ず保護者の付き添いが必要)。申し込みを9月12日より開始し、はがき、FAX、メール、窓口で受け付けている。10月30日必着。参加費は食事、保険代等を含み1人300円。