ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道大空町/合併5周年記念で町民主演の音楽舞台を上演

北海道大空町/合併5周年記念で町民主演の音楽舞台を上演

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月6日

北海道大空町/合併5周年記念で町民主演の音楽舞台を上演

旧女満別町と旧東藻琴村の合併により誕生した大空町は、合併5周年を記念して、町民が中心となって制作する音楽舞台を企画、上演した。3月5日に大空町教育文化会館で上演された舞台、「大空の四季」には、200名を越す町民が参加。旧町民、旧村民が心をひとつにして作り上げたこの舞台は、新しい町づくりを象徴した文化事業として大空町5周年記念「町民舞台」実行委員会が企画した。同町出身の演出家、伊勢谷宣仁氏(オペラ季節館代表、東京都在住)を迎え、舞台を支えるスタッフにも町民が参加し、約1年をかけて準備、実現された。

町内の様々な団体が登場し、演奏や舞などで町の季節を表現。静岡県在住のチェロ講師、前田昌利氏が作曲した弦楽三重奏曲「大空の四季」も演奏された。また、記念曲として一般公募した歌詞に前田氏が曲をつけた「大空町賛歌 遥かなる大地の詩」など2曲が町民からなる合唱団により披露された。記念曲は町ゆかりの地が盛り込まれた詞とあって、多くの町民の心をつかみ、盛大に舞台の幕を閉じた。