ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 大阪府忠岡町/「子ども食堂」支援の補助金制度創設

大阪府忠岡町/「子ども食堂」支援の補助金制度創設

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月20日

忠岡町は、家庭以外の子どもの居場所づくり創出対策の一環として、子どもに夕食を提供する「子ども食堂」の運営に取り組むボランティア団体を支援するための補助金制度を新たに設置した。

町では、昨年12月から町役場内で、主に小中学生を対象に月1回、50食を上限に夕食を無償で提供する「子ども食堂」を運営している団体があり、町はかねてからこの団体から支援の要請を受けていた。町は、「子ども食堂」の取組の継続や他団体の参入を期待して補助金制度創設に至ったという。1団体当たりの1年間の補助額は、備品などの費用に3万円、食材費等に月額1万円の計15万円を予定。既存の団体による参入だけでなく、新規に団体を設立する場合も想定し、2団体分を当初予算案に計上している。

また、「子ども食堂」実施日には、夕食後の勉強場所や遊び場として、役場の敷地内にある児童館を夜間開放することも検討。町は、補助金制度創設をきっかけに「子ども食堂」に携わる団体が増えるなど、取組が広がっていくことに期待を寄せている。